闇金追い込み方法

闇金の嫌がらせ対策で即終わり!職場にバレる前にできる対処法とは

MENU

闇金業者は数万円借りた顧客をどうやって人生転落へと追い込むのか?

闇金から数万円借りたあと

闇金から借金をする場合、大抵の人は数万円という少額のお金を借りることしかできませんので、相手が闇金だと分からずに安易な気持ちで借りてしまう場合が多いのです。

 

しかし、この数万円という少額の借金こそ、闇金地獄へのスタートだと言うことを知っておくべきなのです。

 

あなたが知っての通り、闇金の金利というのは貸金業法で定められた金利を大きく上回っているのですが、具体的に言うと最近はトイチ(10日で1割)でなんか貸してくれるところはなく、殆どの場合がトサン(10日で3割の金利)や、トゴ(10日で5割)という恐ろしい金利で貸し付けています。

 

闇金からお金を借りる人は、銀行や大手の消費者金融で借入を断られてヤミ金に行くケースが多く、金利の説明を受けてもよく考えずに、お金を貸してくれるところであれば「ありがとうございます」というような気持ちで、借りてしまうのです。

 

例え数万円の借金だとしても、金利がトサンの場合、10日ごとに3割の金利を納める必要があるのです。

 

10日後にヤミ金業者へ元金と金利を返済して、「はい、さようなら」なんて人はまずいません。

 

そこから、10日ごとに元金は返せなくても、トサンの金利だけを払い続ける。これを闇金用語で「ジャンプ」と言い、この「ジャンプ」こそがヤミ金が一番望んでいる状態、ヤミ金地獄の始まりとなります。

 

更にヤミ金に金利すら払えなくなるとどうなるのか?

闇金に金利すら払えなくなると

10日ごとの金利が払えなくなると、急に嫌がらせに入るわけでなく、借金をしている人の裏(親戚や身内など)にお金が出てくる可能性があるなら、関連の闇金業者に更に借金をさせ、多重債務者にしてしまいます。

 

もし借金をしている人の裏(親戚や身内など)からお金が出てこないだろうという場合、他の闇金業者から元金を含めた金額を借りさせ、そこで切り捨てる場合もありますが、借金を借りている人は更なる地獄が待ち受けているのです。

 

闇金の取り立てに回るのは、闇金業者の中でも一番下っぱが来ますので、手荒な行為を行う場合も多々あります。

 

またインテリ系の闇金の場合は、電話攻撃などの嫌がらせは得意ですが、電話で応じない場合は自分たちでは回収できないので、他のチンピラの集まりの様な債権回収代行に債権を売ってしまいます。

 

どちらにしても、闇金から借金をして返済が滞ると恐ろしい嫌がらせへの道に入って行くことになりますので、精神的に追い詰められたり、社会的な信用を失う前に、闇金対応の専門家に相談する必要があるのです。

 

>>闇金の嫌がらせを止める専門家についてはトップページをご覧ください>>

 

あなたの人生を取り戻すために、勇気を出して相談無料の電話をしてください。

ウォーリア法務事務所 エストリーガルオフィス ジャパンネット法務事務所

「ヤミ金対応」ウォーリア法務事務所

ヤミ金解決のエストリーガルオフィス

ジャパンネット法務事務所

0120-404-261 0120-004-036 0120-404-362
受付時間 [全日対応]8:30〜22:30

ホームページは24時間受付

受付時間 [平日対応]9:30〜21:00

ホームページは24時間受付

受付時間 [月曜〜土曜日対応]9:00〜21:00

ホームページは24時間受付

関連ページ

闇金は親戚身内の連絡先を必ず書かせて貸すという現実
闇金から借金をする際に、闇金はあなたの連絡先として職場や親戚身内の連絡先を必ず記載させます。闇金から借金をする際には、みんな誰しも藁にもすがる思いなので特に気にしていませんが、その情報は闇金の取り立てや嫌がらせが始まった場合、役立つ重要なリストなのです。